So-net無料ブログ作成
検索選択
台湾日記 ブログトップ
前の10件 | -

清境地区 [台湾日記]

3月30・31日は南投県内の清境地区へ行って来ました。
妻の母方の親戚3~4家族、総勢18名での一泊旅行です。
清境地区は南投県内ですが、南投市からは車で約2時間。霧社からさらに少し入った山の中にあります。初日はひとまずそこまで行き、二日目に遊ぶというプランです。

泊まったのは清境佛羅倫斯(フローレンス)渡假山莊の君士坦丁堡という建物の、ロココ古典メゾネットスイートという部屋。豪華。
http://www.florance.com.tw/room/ins.php?index_m_id=&index_id=23

チェックインしてしばらく休憩し、落ち着いたら夕食に。
夕食は山荘の近くの原住民料理の店、伊拿谷甕缸雞。
http://www.inako.tw/
全体的に美味しかったのですが、水瓶で鶏を丸焼きにした、看板料理の手扒雞が特にうまかったです。
shouba.jpg
手扒雞というのは、写真のように丸焼きを手で裂いて食べる料理です。久しぶりに食べました。

二日目は、朝食を食べて、山荘内ででしばらく遊んでから出発。まずは山の上のほうへ。

武嶺は標高3275m。なかなかの絶景です。ところが、この見晴らし台の近くにバス停があってビックリ。花蓮方面へ山を越えて抜けるルートのバスだそうです。ここで降りて、最終を逃したら辛いことになりそう。
wuling.jpg

昼食は少し下って標高2044mにある雲南料理の店、魯媽媽。
http://www.lumama.tw/restaurant/
全体的にちょっと辛めではあるものの、おいしい料理もありました。辛いもの好きな方ならいいかも。
驚いたのがこれ。どう見ても虫ですな。実際虫ですし。
lumama.jpg
揚げてあって、食感はエビとそれほどかわりませんが(妻の従弟はまだ小さい自分の娘に「フライドポテトだ」と言って食べさせていました。いいのか?)、最初はちょっと勇気が必要です。むにゅっとした料理じゃなく、さくっとした食感でよかった。

食事をとってゆっくり休んだ後、いよいよメインの清境農場へ。
http://www.cingjing.gov.tw/ins.php
羊と戯れたり、山の景色を楽しんだり、モンゴル馬術を鑑賞したりして過ごしました。
子供たち楽しそう。

南投市に帰る途中で、夕食。
「雨傘店」という簡易なつくりの店で。なぜこんな名前かと尋ねると、「日によって開いたり開かなかったりだから」とのこと。なるほど。
店名の由来が適当な割には、味は確かで「The台湾小菜」という感じでした。
yusan.jpg
コメント(0) 

南投生活 [台湾日記]

妻の実家への里帰りで、3月25日から4月4日まで、台湾に行って来ました。

妻の実家(義母の家)は、義母の仕事の関係で台北にありましたが、退職して既に何年も経ったこともあり、義母の実家がある南投市に引っ越しました。そんな訳で今回の帰省はいつもの台北ではなく、南投へ行くことになりました。

桃園空港から台北は、だいたい車で30~40分といったところですが、南投はそういうわけにはいきません。今回は以下のルートで移動。

1.空港→桃園 車(タクシー)で20分ぐらい
2.桃園→台中 高速鉄道(新幹線)で40分ぐらい
3.台中→南投 車(妻の従弟が迎えに来てくれた)で40分ぐらい

南投市は南投県の西側にあたり、台中からだと高速3号線に沿って南南東に下る感じになります。草屯を経由してさらに南下したあたりです。3号線は途中で6号線と分岐しますが、6号線を行けば埔里方面になります。

南投県政府(日本語)
http://travel.nantou.gov.tw/Long_stay/index.aspx
南投市公所(中国語)
http://www.ntc.gov.tw/

南投市の妻実家のあたりは、建物の多くが平屋か2~3階建てぐらいの、まあ、はっきりいうと田舎なのですが、近所にコンビニはありますし、
IMG_4847.JPG

じやなかった(「便利商店」と書いてあるので間違いでもないですが、上には「超市」(スーパー)って書いてありますね)、コンビニもありますし、
IMG_4826.JPG

スーパーも(大規模店ではないですが)、あります。
IMG_4825.JPG

さらにはホームセンターも。
IMG_4824.JPG

今回は引っ越し直後ということもあり、ここにはよくお世話になりました。

台湾の他の地域同様、安価な外食(小菜)にも困らないので、ただただのんびり生活するには悪くありません。

問題は交通でしょうか。タクシーが拾いにくいので、あちこち行きたい人は車かバイクが無いと不便なようです。そのせいか、比較的狭い道に面した義母の家でも通勤の時間帯にはかなり車やバイクの音がします。

逆に車かバイクであれば、カルフールや燦坤(家電量販店)もそれほど遠くないらしく(今回は行っていない)、他の街に出ようとしなければ、それほど不便は感じないかと思います。

また、実は近所に南投市図書館があり、蔵書量はそれほどでもなさそうなのですが、私が今研究しているような、普通の児童書などは却ってこういうところに面白いものがあったりするもので、今回、この図書館でも、6種9冊の『西遊記』を閲覧し、ちょっと面白い本も見つけることができました(そのうち書けたら書きます)。
IMG_5185.JPG

ちなみに図書館の隣は廟で、地元のお年寄りの憩いの場になっています。
IMG_5186.JPG

あとは書店があれば、という感じです。近所の某書局へ行ったのですが、「書局」は「書店」と違って(「書局」には出版社の意味の時もあり、その場合は書店も兼ねていることがありますが)、どちらかというと「学用品店」という意味らしく、学習ドリルが置いてあるぐらいで、普通の本はありませんでした。お店のおばちゃんに尋ねたところ「カルフールの所に書店があるけど、それぐらいかねえ」とのこと。次回は行ってみたいと思います。

今回はとりあえず博客来(ネット)で注文。「在庫あり」以外のものは結構時間がかかるらしく、受け取りは帰国後になってしまいました。義母に受け取ってもらっておいて、次回持って帰ります。次からは先に注文しておくことにしよう。

と、いうわけで、新たな地での滞在は、それほどの不便もなく、ゆっくりと過ごすことができました。

ただ、帰国前に台北で2泊したのですが、台北に来ると「やっぱ台北楽しいわ~!」ってことになってしまうのは、致し方ないところなのでしょうか(笑)。

コメント(0) 

動物園・大龍街(4月4日) [台湾日記]

帰国前日。

昼に妻の大学時代の友人たちと会食し、食後は子ども達を連れて台北市立動物園へ。

ところがこの日、出かけるまで知らなかったのですが、清明節で祝日でした。動物園駅があるMRT木柵線は満員電車状態。ついでに動物園も人多すぎ。あの政治的意図を感じるパンダも見ること無く、ヘロヘロになって帰宅しました。
20120404.jpg

で、帰ってみると、自宅すぐそばの大龍街が大騒ぎ。実は保安宮の神様、保安大帝の誕生日が明日で、その前夜祭(日中からだから前日祭?)のパレードが行われていたのでした。
そして、夜は10時ごろまで絶えること無く付近のあちこちの廟(たぶん)から花火が上がり、非常に賑やかな帰国前日となりました。

YouTubeに動画が上がっていますね。
http://www.youtube.com/watch?v=9FvGLqty0LI

コメント(0) 

鼎泰豊・大安公園・台北駅前地下商店街(4月3日) [台湾日記]

今日は妻の小学校時代の同級生家族と昼食。
場所はおなじみ小籠包の「鼎泰豊」。
20120403.jpg
食後は少し歩いて大安森林公園へ。けっこうたくさん遊具があって、平日なので人も多くなく、子ども達はとても楽しく遊べたようでした。

その後は台北駅へ出て買い物。DVDなどを購入。自分の本は、子供向け『西遊記』を一冊だけ購入。重慶南路の書店街まで出られればもうちょっと収穫があったと思うのですが...。

コメント(0) 

台北101(4月2日) [台湾日記]

今日は長男のたっての希望で東区の台北101へ。
20120402a.jpg
正直、101の展望フロアは一生に一度登ればいいんじゃないかと思うのですが、長男は毎回登りたがるので、困ります。

昼前に、最寄り駅であるMRT市政府駅に到着。前回台湾に来たときには建設中だった阪急百貨店がオープンしていました。その辺りから市政府の近くまで、ちょっとした地下街になったのですね。誠品書局も地下でつながっています。時間もちょうどいいので、阪急の地下フードコートで昼食。

食べ終わってから台北101へ。展望階へ上がるには一人450元(大体1200円ちょっと)必要です。前回来たときはいくらだったっけ?最初は360元ぐらいだったような気がするのですが...。展望階の景色は当然ながら前回と同じような感じ。まあ、よく見れば町並みの変わったところもいろいろあるのですが、まあ、驚くほどの変化ではないですね。

それでも強気の価格設定をしているのは、大勢の中国からの観光客が来ているから。こちらは驚くほどの人数です。前回来たときも多いなと思いましたが、今回はそれに輪をかけて多くなっています。ただ、旅行会社が時間をうまく調整しているのか、展望階へ上がるエレベーターの待ち時間は短くなった印象です。台北101の建物脇の道路には観光バスが何台もならび、旗を持ったたくさんのガイドがそれぞれ大勢の観光客を連れ歩いており、非常に混雑しています。
20120402b.jpg
そして、「中国人観光客の多い場所にはおなじみ」の感がある法輪功のデモンストレーション(写真には看板しか写っていませんが)。以前は故宮博物院ぐらいでしか見なかったのですが、今回はこの台北101の他、台南の赤崁樓などでも見かけました。観光客の目にはどのように映っているのでしょうね。

コメント(0) 

紅毛城(3月31日) [台湾日記]

今日は淡水へ。目的は「紅毛城」。こちらはスペイン人の築いた城がその前身です。オランダ人によって築かれた台南の安平古堡の四年後、赤崁樓よりは二三十年早く作られています。
20120331a.jpg
【参考】wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85%E6%AF%9B%E5%9F%8E

続きを読む


コメント(0) 

台南2日目(3月30日) [台湾日記]

今日はまず、台南に来た目的である、義祖母の墓参りに。
その後、妻の父方の従兄夫婦と、昨日案内してくれた従弟(妻の母方)と、うちの家族で昼食をとり、台南観光と言えばここ、赤崁樓に連れて行ってもらいました。
0330a.jpg
【参考】赤崁樓
wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E3%82%AB%E3%83%B3%E6%A5%BC
台北ナビ
http://www.taipeinavi.com/miru/61/

前回(十数年前?)来たときは、閑散としていたような気がしますが、今回は中国からの観光客で大賑わいでした。
大きいもの好きで(赤崁樓はそれほど大きくない)、自国にもっと古い史跡をもつ中国の人が見ても面白いのだろうか?...とも思いましたが、もしかすると鄭成功の人気によるものかもしれません。誰かが言っていましたが、鄭成功は台湾人も中国人も日本人も好むという、歴史上の人物としては珍しい人ですからね(台湾の原住民と中国の満洲人はどうなのか知りませんが)。

【参考】鄭成功
Yahoo! 百科事典
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E9%84%AD%E6%88%90%E5%8A%9F/

その後、夕方の高鉄で台北へ。台南は高鉄の駅と台鉄の駅が離れていて「台鉄弁当」は買えないので、車中の夕食は駅の7-11の弁当にしました。
0330b.jpg
コメント(0) 

台南1日目(3月29日) [台湾日記]

義祖母の墓参りの為に台南へ。
0329.jpg

続きを読む


コメント(0) 

保安宮のお祭り(3月28日) [台湾日記]

今日は義父の墓参り。台北郊外のさらに山の中にある納骨堂へ、送迎バスで行ったのですが、清明節が近いのでなかなか人が多いです。

で、その夜、近所の保安宮で祭りが。今回の祭りは長期間にわたってやっているようなのですが、今日はそのクライマックスの一つだったのか、花火も上がるし、飾り付けも特別でした。

IMG_20120328_194601.jpg神様。

IMG_20120328_194627.jpg生け贄。

コメント(0) 

国立師範大学国語中心(3月27日-2) [台湾日記]

繁体字の教科書が欲しいと妻がいうので、私が昔留学していた国立師範大学国語中心へ。
キャンパス内の売店が増えていて、オープンテラスのカフェまであって驚きましたが、国語中心の建物は往事のまま。
shida.jpg
私が留学していた15,6年前は、中国から国民党と共に来られた推定年齢300歳ぐらいの先生方に教わっていたのですが、もうみなさん退職されたのでしょうねえ。
中国語会話の練習はもとより、アメリカ人とオーストラリア人の友人と三人で特別編成クラスを作ってもらって『明史』や『聊斎志異』などの講読までやってもらい、非常にありがたい一年半でした。
コメント(0) 
前の10件 | - 台湾日記 ブログトップ