So-net無料ブログ作成
検索選択

広島遊記 [日記]

年末の12月27-28日、大学時代に住んでいた広島に行ってきました。目的は、自分が四半世紀前に所属していた広島大学吹奏楽団の定期演奏会を聴くことと、同世代のOBが集まる同窓会に参加することです。

すでに実家に帰っているので、近鉄で名古屋に出て、新幹線で一路西へ。

広島駅に着いたら、ひとまず昼食。大学時代練習後によく食べていた東雲のお店に向かいます。大学1・2年時はこの近くに住んでいたので、聞き覚えのあるバス停で降りたのですが、あたりの様子がすっかり変わっていたのと、自分の記憶が曖昧すぎて、店の方向がまったく判りません。そこで勘を頼りに適当に歩いてみたところ、運が良かったのか、勘が冴えていたのか、あんがいすんなりと到着。

お店では、当時もよく食べていた「チキンカツランチのカレーがけ」をいただきました。記憶していたのとまったく同じ味で、しみじみ美味しかったです。
20141227_1.jpg
店で2つ上の先輩と、同級生2人に遭遇。3人もやはり演奏会を聴きに行く方々です。車でいらっしゃっていたので演奏会の会場まで同乗させていただきました。
20141227_2.jpg
演奏は良くまとまった感じの演奏で、企画もかなり練られてましたね。ダンスも合唱もやるってすごいなあ。

夕方からは同窓会。これも大学時代御用達だった居酒屋。みんな多少年齢を重ねてはいましたが、一目見ればすぐに誰が誰かわかり、友人関係や先輩・後輩の関係も、すぐに当時の感じになってしまうのが、楽しかったです。何か一つ思い出される度に一つ笑いが起こる、いい同窓会でした。

翌日は、折角なので午前中は広島こども図書館で調査を行いました。ここでは一昨年に一度調査していますが、当時は無かった視点でもう一度本を見てみる必要があったので、この機会にもう一度寄ったのです。こういうことがあるので、やはり可能ならば本は手元に置いておきたいですね。

図書館から電車通に出る途中に広島市民球場跡地があります。学生時代は時々、広島・阪神戦を見に来ては、阪神側のスタンドから観戦していました。それも吹奏楽団の連中と一緒だったと思います。そんなことも思い出しました。
20141228_1.jpg

実家へ帰る前の昼食は、お好み焼き。今は全国どこでも食べられますが、やはり広島風は広島で食べたい。
20141228_2.jpg
締めも決まって、満足な旅でした。

コメント(0) 

関西出張 [日記]

京都文教短期大学で行われた第5回「海域交流と中国古典小説」研究会に参加するために、9月6・7日に関西方面に行ってきました。

少人数ながら(だからこそ?)いつも盛り上がるこの研究会、今回も楽しく討論できました。緊張感の中で死闘を繰り広げるような学会も良いのですが(端で見ている分には、笑)、この研究会のように素直に疑問を投げかけ合ったり、知恵を出し合う感じになる会はやはり貴重です。打ち上げもそのノリのまま盛り上がりました。

7日は大阪府立中央図書館で調査。3年ぶり2回目です。やはり国際児童文学館(府立図書館に併設)の蔵書には良いものがたくさんあります。しかし、見たい本が多すぎて流石に時間が足りず、半分ぐらいでタイムアップとなってしまいました。もう2回ぐらいは行かなければなりません。

翌日(8日)は「子どものための西遊記」へのデータ入力で一日潰れました。まあ、それぐらい調査が充実していたということですね。
IMG_20140907_104022.jpg
コメント(0) 

ソファー購入顛末記 [日記]

3月下旬の事。現在のマンションに引っ越した時に購入したソファーが壊れたので、某家具店で新しいものを注文しました。

壊れた原因は、おそらく子ども達がソファーの上で立ったり跳ねたりしたこと。原因が取り除かれない(子どもが暴れている)限りは、次に買う物もそれほど長持ちはしないかもしれないと考え、今度は前よりも少し安価なものにしました。

そして4月上旬、注文していたソファーが到着。到着時に私は家に居なかったのですが、夜、帰宅してソファーを見て驚きました。
01.jpg
一箇所色が違う。

全体はアイボリーなのですが、一箇所(向かって左の座面)だけ、ピンクっぽいのです。早速家具屋さんに電話して、こういうデザインなのか尋ねたところ、違うとのこと(そりゃそうだ)。数日後に見に来てくれることになりました。

そして翌日。ソファーを見て、またびっくり。ピンクの箇所が無くなっています。

いや、よくよく見てみるとやはり色が違うのですが、昨夜と違って目立たない。そこで、カーテンを引いて蛍光灯で見てみると、またはっきりと色の違いが判ります。つまり、蛍光灯の光で見るとはっきり違いが判るけど、自然光だと目立たないということだったのです。不思議。しかしなるほど、これでは受け取りの時に気づかなかったわけです。

その後家具屋さんが来て、「確かに一箇所色が違う」と確認してもらい、4月下旬に新しいものを届けてくれることになりました。

そして来たのがこれ。
02.jpg
...別の箇所(向かって右端の背もたれ)がまたピンク(この写真では、ちょっとわかりにくいですね)。

今回は、前回受け取り時に気づかなかった理由(自然光では目立たない)を把握していたので、最初から蛍光灯で見てすぐに発見。その場で配送の人に確認・連絡してもらい、再度取り替えることになりました。

で、本日3台目が到着。注文から一ヶ月半を経て、ようやく全部同色のものが来ました。
03.jpg
めでたし、めでたし。
コメント(0) 

ある日のお出かけ [日記]

GWのある日、お出かけ間際。
長男が忘れものをして部屋に戻ったので、義母が話しかけました。

「你怎麼了(どうしたの)?」
義母は中国語で話します。

長男「我忘了拿(忘れた)。」
長男も義母と話すときだけは中国語を使います。

義母「拿什麼(何を)?」
長男「西瓜。」
義母・私「西瓜?」

持ってきたのは「Suica」。なるほどね。

ちなみに、JRの公式サイトでは日本語同様「Suica」
ただ、wikipwdia中文によると、俗称「西瓜卡(スイカカード)」らしい。
あながち間違いでもないのかな。

コメント(0) 

第19回東北大学国際文化学会 [日記]

第19回東北大学国際文化学会があり、発表してきました。
この学会では13年ぶりの発表。
タイトルは「日本における子ども向け『西遊記』について ―挿話選択の傾向と方法―」。

懇親会は青葉通の「銀座ライオン
IMG_20120630_181019.jpg
数日前の天気予報では天気が悪いと言っていたので、心配していたのですが、結局晴天で十分なビール日和。やっぱりここのビールは美味しいですな。写真は全然美味しそうに撮れてないけど。
ただ、ピッチャーじゃなくてジョッキだったらもっと美味しかったかも。まあ勝手につぐほうが気楽ではあるのですが...。
今回は個室でしたが、屋上のビアガーデンもやっていたようで、そのうちそちらにも行きたいなあ。

コメント(0) 

仙台津高校同窓会 [日記]

仙台駅前の蔵の庄で津高卒業生の集まりがありました。
同期('87年卒)の一人が幹事をやって、みんなに呼びかけてくれたのですが、総勢10名集まりました。三重県の高校から遠く離れた仙台で開かれた同窓会だと考えると、なかなかの人数ではないでしょうか。

そのうち東北大の学生が5人。参加した学生さんに聞くと、最近は東北大に進学する人も増えているそうです。
私は大学は広島で、同じ高校から進学した同期の人って記憶にないのですが(いたらごめんなさい)、そちらに進学する人も最近は増えているそうで、隔世の感があります。世界が狭くなっているのでしょうね。

「地元ノリ」というやつなのか、みんな話しやすくて楽しめました。また機会があるといいなあ。

コメント(0) 

次男と母の日 [日記]

次男(3歳)が幼稚園で工作をして帰ってきました。
ハート型の台紙の中央に人物らしき絵が描いてあり、左上の隅には「おかあさんありがとう」の文字(先生が書いたもの)。母の日の工作のようです。

これを持ち帰った時の次男と妻の会話。

次男「ママ、どうぞ」
妻 「ありがとう。(絵を指さして)これ誰?」
次男「○○ちゃん!」
妻 「幼稚園のお友達かよ!」

次男はまだ「母の日」を理解していないようです。
コメント(0) 

花見 [日記]

仙台市内の某お寺の住職さんがご招待くださったので、家族でお花見に。

http://www.city.sendai.jp/wakabayashi/c/miryoku_terajinjya_shinteraatari.html#170
↑ここです。

少し肌寒かったのですが、咲き具合はちょうど満開になったところでした。
舞い散る桜がお好きな方は、もう数日後といったところでしょうか。

20120422.jpg
コメント(0) 

国立国会図書館国際子ども図書館 [日記]

12月に大阪の国際児童文学館へ行って、大きな児童文学専門の図書館へ行くといろいろ捗ることに味を占めて、今度は比較的仙台に近い、国立国会図書館国際子ども図書館へ。

ご存じの方も多いと思いますが、国際子ども図書館は国立国会図書館といっても永田町ではなく、上野にあります。仙台を朝に出て、上野で下車。上野公園側の出口から10分ほどで着きます。
20120209.jpg

この図書館ではある程度以上古い書籍は直接見るのではなく、スキャンされた画像を端末で見る形式になっており、図書館内にいたほとんどの時間、液晶モニタを見つめて過ごしました。

日帰りということもあり、中身をじっくりと読む時間はあまりありませんでしたが、書誌的な調査はそれなりに進めることができました。

コメント(0) 

大阪府立中央図書館国際児童文学館 [日記]

仙台に帰る飛行機は午後の便を予約し、午前中は大阪の国際児童文学館へ調査をしに行くことに。
20111218.jpg
やっぱり、資料は直接見ておくものですね。
昨日の発表ではたくさんの本を資料として挙げたのですが、昨日使ったのより良い資料が見つかったり、昨日使った資料があまり論拠としてふさわしくないことを示す資料がみつかったり。

...勉強になりました。

コメント(0)