So-net無料ブログ作成
検索選択
過去の原稿や要旨 ブログトップ

『 僕たちの好きな水滸伝 』 に掲載された文章(2) 貫華堂本について [過去の原稿や要旨]

明末に作られた最初の七十回本「貫華堂本」は如何なる版本か
 明の崇禎年間に登場した七十回本は、その後徐々に読者を獲得し、清末には他の版本を完全に圧倒することになるが、その最初の版本は金聖歎(一六○八―一六六一)によって作られた貫華堂刊『第五才子書施耐庵水滸傳』(通称「貫華堂本」又は「金聖歎本」)である。

 金聖歎は百二十回本の第七十二回以降を削除し、底本の第一回を「楔子」とし、第二回を第一回として以下一回ずつ回数をずらして全七十回とした。そして概ね以下のような内容の新たな結末を用意して「梁山泊大聚義」の後に置いたのである。

「梁山泊大聚義」を皆で祝ったあと、盧俊義は夢を見た。夢の中で嵆康を名乗る男が「汝ら賊を捕まえに来た」という。盧俊義はこれに立ち向かうが、ついに捕らえられ、裁きを受けることとなる。裁きの段になると、宋江ら百七人が泣きながら連行されて来る。盧俊義がどうしたことかと段景住に問うと、「員外様(盧俊義)が捕らえられたので、皆で降伏し、あなたのお命を救おうというのです」と答える。それを聞いた嵆康と名乗る男は「おまえらを赦したら、如何なる法によって天下を治めるというのだ」と罵り、百八人をすべて斬刑に処す。ここで盧俊義が驚き目を覚ますと、そこには「天下太平」と大書された額があった。


 さて、この七十回本、後半が五十回近く削除されていることから「簡便さ」を意図した版本であると思われやすい。例えばある概説書には「百二十回本というのはたしかにかなり大部のものだから、これが半分ちょっとほどになれば本屋も出しやすい」という記述もみられる。しかし実はこの版本、百二十回本よりも大部なのである。実際に百二十回本の第一回から第百二十回までの葉数と貫華堂本の楔子から第七十回までの葉数(一葉=紙一枚=二頁)を数えてみると、百二十回本が千八百四十三葉、七十回本が千九百四十七葉であった。つまり本文に限定していえば「半分ちょっと」どころか金聖歎が作成した版本はその底本と考えられる版本よりも葉数が増加しているのである。

 実は貫華堂本では一頁あたりの文字数が減らされ(文字が大きく立派になる)、評については内容を充実させるとともに、経書や史書など「まっとうな」書物(当時白話小説はまともな書物と見られず白眼視されていた)に用いられていた(が、紙面はより多く必要とする)割注形式を採用しているのである。

 また、貫華堂本には三つの序文と(金聖歎が偽作した)施耐庵序のほか、「読第五才子書法」「宋史綱」「宋史目」といった文章が巻首に置かれているが、それらは、明代の科挙における『四書』の標準解釈を示したとされる『四書大全』の「読大学法」「読中庸法」等の文章や、朱熹がその名分論的立場による褒貶の意を綱(大綱)と目(細目)とによって示したとされる『資治通鑑綱目』などに倣ったと考えられる。

 このような「贅沢な」版本形式や経書・史書の模倣からは、文人が読んでも恥ずかしくない「まっとうな」『水滸伝』を作ろうとした、金聖歎の意図が垣間見えるのではないだろうか。



以上、 別冊宝島856号『 僕たちの好きな水滸伝 』 (宝島社、2003年9月)より、井上担当の「明末に作られた最初の七十回本「貫華堂本」は如何なる版本か」(p.75)。

    貫華庵 “井上浩一の研究履” へ


コメント(0) 

『 僕たちの好きな水滸伝 』 に掲載された文章(1)「はじめに」 [過去の原稿や要旨]

はじめに

 宋の時代、百八人の好漢が梁山泊に集結し、宋江を首領とした盗賊団となる。朝廷は幾度かの討伐に失敗した後、彼らの罪を許し官軍とする。官軍となった宋江らは、隣国への遠征や国内の乱平定に活躍する。しかし、この戦いで好漢たちの多くが離散し、凱旋した宋江らも奸臣によって殺される。

――以上が『水滸伝』の極めておおまかな概要である。

 このようなストーリーの『水滸伝』がまとめられたのは明代である。嘉靖年間の書物に「忠義水滸伝 百巻」とあるので、遅くともこの頃には書籍として成立していたのであろう。全文が現存する版本の中では、万暦年間に刊行された全百巻全百回の版本(分巻百回本)が最も古い形を伝えると考えられている。

 作者については、版本によって施耐庵や羅貫中、さらには両者を併記するものまであり、詳細は不明である。また著作権の考え方も希薄な時代であったから、多くの書肆から様々な『水滸伝』が刊行された。例えば文章をダイジェストした版本(文簡本。p.71参照)、梁山泊軍が賊を平定する場面(田虎・王慶討伐)を追加した版本(文簡本および百二十回本)などである。中でも画期的なのが百八人の集結を以て物語が終る七十回本である。これはストーリーこそ短いものの、本文は整えられ、評(コメント)や序文も詳細なものがそえられており、そのスタイルは『三国志演義』や『金瓶梅』など、他の小説の流布本にも影響をあたえた。

 七十回本の刊行後も、百二十回本から再び田虎・王慶討伐を削除した百回本(不分巻百回本)が刊行されるなど、集結以後を含む版本も読まれていたようだが、次第に七十回本が定本化し、様々な理由から清末にはほぼ他の版本を駆逐するに至る。

そしてこのことは、好漢たちが梁山泊に集う過程を描いた前半部だけでも、『水滸伝』が多くの読者を魅了し得たことを意味する。

 その魅力を生み出した要因の一つは題材にある。『水滸伝』の母胎は、長編の歴史講談や歴史書ではなく、個人や小グループを主人公とした短編の講談や戯曲である。そのため、主立った好漢はそれぞれ主役をはれる魅力を持ち、各エピソードも独立した作品として楽しめる。しかも全体としては、百八人が梁山泊に集ま(りやがて離散す)るという大きな流れの下、複雑に絡み合う好漢たちの運命の糸が、見事に編み上げられているのだ。

 本書は、その構成の妙を味わえるように本編を区分けし、魅力的な登場人物たちの一人一人に解説を加え、さらに愛読者の方がより一層楽しめるようなコラムも満載した。読者の皆様が『水滸伝』を味わう一助となれば幸いである。



以上、 別冊宝島856号『 僕たちの好きな水滸伝 』 (宝島社、2003年9月)より、井上担当の「はじめに」。

    貫華庵 “井上浩一の研究履” へ


コメント(0) 

招安に対する金聖歎の見解とその社会背景 [ 要旨 ] [過去の原稿や要旨]

 「招安」とは、賊軍を招撫して罪を赦し、官軍に編成することであり、中国では歴代、盗賊・叛乱への対策としてしばしばこの政策が行われた。そして周知のとおり、金聖歎が七十回本を作成する以前の『水滸伝』において、招安は宋江ら梁山泊の好漢達の運命を大きく変化させる役割を果たしている。

 しかし、金聖歎はこの招安に対して強く反対しており、この為に金聖歎は招安の場面を含む『水滸伝』の後半五十回を切り捨てたのだと主張する先行研究も存在する。それでは金聖歎は何故、招安に反対したのであろうか。本稿はその原因について考察を試みたものである。

 これまでの研究では、金聖歎の招安に対する否定的な見解は、叛乱が頻発する当時の社会情況に対する危機感から生じたと考えられてきた。このような見方は、金聖歎評とそれをとりまく社会情況を見れば、確かに説得力を持つように思われる。

 しかし金聖歎本以前にも叛乱の頻発する時期に作られた版本は存在するが、招安に対しては寧ろ肯定的な見解が示されている。このことから、招安の是非をめぐる見解の相違は、叛乱の頻発による社会的危機感の有無からだけでは説明できず、寧ろ同様の危機感を背景としながらも、人材登用方法や招安の有効性などに対する見解が両者の間で相違したことに由来すると考えられるのである。

 ただし、金聖歎が『水滸伝』に評を施した崇禎年間の社会情況が、彼の招安に対する見解に影響を与えたことも完全には否定できない。例えばこの時期、朝廷が叛乱を招安によって収めようとして失敗を繰り返したり、招安に対して賊が偽装投降をする事件が頻発したりしており、これらの事が、賊の投降や招安に対する金聖歎の批判と警戒感を強めたことは想像に難くないからである。

 つまり当時の社会情況から金聖歎による招安反対を説明しようとするならば、叛乱の有無よりも、寧ろ招安をめぐる情況の差異を根拠とすべきではないかと思われるのである。



以上、井上浩一「招安に対する金聖歎の見解とその社会背景」(『中国中世文学研究四十周年記念論文集』2001年10月、307-318頁)の要旨。

    貫華庵 “井上浩一の研究履歴”へ


コメント(0) 

中国における金聖歎研究の展開 [ 要旨 ] [過去の原稿や要旨]

 金聖歎に関する論考は、雑誌論文・新聞記事・学位論文などを合わせると、すでに六百編にも達しており、中国の古典小説研究界においてはすでに重要な研究分野の一つと認識されている。しかし日本においては未だ研究が充分に行われているとは言い難く、かつ中国における研究成果も充分に知られていないのが現状と言わざるを得ない。そこで、中国における金聖歎研究の概況を、『水滸伝』に対する評点・改作に関するものを中心に述べたのが本稿である。

 まず、近代的な古典小説研究が始められて以来、金聖歎に対する評価は、好意的なものと批判的なものとに大きく二分される傾向が見られる。一九八○ 年ごろまでは、金聖歎の政治的立場が反動文人であるか否かという点を主な軸として、彼の評価についての議論が展開されることとなる。

 この情況に変化が訪れたのは、一九八○年代である。金聖歎研究における論点拡大を背景に、新たに登場したのが金聖歎評から小説理論を抽出・整理するという研究方法である。以後、研究の中心は、金聖歎の政治的な立場に関する議論から小説理論の抽出へと移行し、金聖歎研究の意義も彼の小説理論に求められることとなった。

 一九九○年代に入ると、金聖歎研究の方向性は、ますます小説理論方面へと収斂されていく。その中で新たに見られるようになったのが、「叙事理論」等の言葉を冠する論考である。「叙事理論」とは、日本で「物語論」と呼ばれている文学研究の一方法を本来指すものだが、中国の金聖歎研究においては、それまで「小説理論」と呼んでいたのを言い換えただけで、内容は従来行われてきた理論の抽出である場合が多く、本格的な物語論の利用は今後の課題といえそうである。

 また、小説理論を金聖歎評から抽出する研究では、評語の各部分に着目するために内容が細分化される傾向が見られる。従ってこれまでに金聖歎評より抽出された小説理論を再構築し、金聖歎評全体を最終的に特徴づけているものが何であるかを議論することも今後必要であろう。



以上、井上浩一「中国における金聖歎研究の展開」(『中国学研究論集』第七号、2001年4月、69-80頁)の要旨。なお、ここに書かれた研究状況は発表時(2001年時点)のものです。
        

    貫華庵 “井上浩一の研究履歴”へ


コメント(0) 

李贄と金聖歎 ― 読書論の差異とその思想的背景 [ 要旨 ] [過去の原稿や要旨]

 李贄と金聖歎は共に明代に於いて『水滸伝』を高く評価した人物であるが、宋江に対する評価など、幾つかの点で両者の見解は大きく異なる。その主たる原因として、『水滸伝』を読む際の「大局」と「微細」という視点の相違を指摘することができる。しかしこのような視点の相違を「生み出した原因」については、未だ詳細な分析や整理が行われているとは言い難い。小論はこの視点上の相違が生じた原因をそれぞれの思想背景の相違に探るべく、両者の「読書論(作品の読み方)」に対して検討を加えたものである。

 まず、李贄の読書論を検討した結果、作品を客観的に理解しようとするというよりも、読者自身の主観を主体として、これに作品を照らし合わせる形で読書を行うという特徴が見出せた。この読書の方法は、王陽明も『伝習録』において主張していることから、李贄の読書論は陽明学的読書論と言うこともできる。そして『水滸伝』に対する読みもこの方法に基づいて行われた結果、当時の情況や李贄自身の関心などもあって、国家に関する憤りの表れた部分に共感し、人物評価についても国家等の広い、大局的な視点から行うことになったと考えられる。

 一方、金聖歎は、当時中国において読書論の基礎と見なされていた「格物」についての理解に於いて、いくつかの点で朱子学側に近いと思われる解釈を採用している。

 朱子学的格物論では一つ一つの理を窮めて行き、それがある程度まで集積した時、豁然と貫通するように全体の理を窮めるというプロセスをとる。個々の人物の言動をつぶさに観察するなど『水滸伝』本文の一文一句にまで拘った金聖歎の読書論は、この朱子学的格物論に基づいた読書論であるといえるのではないか。

 つまり『水滸伝』を読む際に李贄と金聖歎の間に生じた「大局」と「微細」という視点の相違には両者が読書に際して採用した格物論の差異が深く関連していると思われるのである。



以上、井上浩一「李贄と金聖歎 ― 読書論の差異とその思想的背景」(『中国-社会と文化』第一五号、2000年6月、122-134頁)の要旨

    貫華庵 “井上浩一の研究履歴”へ


コメント(0) 

宋江評価に見る金聖歎評の一特徴 ―金聖歎評に関する先学の論点整理を手掛かりとして― [ 要旨 ] [過去の原稿や要旨]

 『第五才子書施耐庵水滸伝』に施された金聖歎評が、他の『水滸伝』評と大きく相違している点として「梁山泊の首領・宋江に対する評価」が挙げられる。李贄など金聖歎以前の人物による評価では、宋江は「忠義」の人と見なされ、一部例外を除いた多くの場面で賞賛の対象となっているが、金聖歎は一転して宋江を徹底的に批判し、その主張を貫くために、評語に対して主体的関係にあるべき『水滸伝』本文にまで、至る所で改作を行っている。金聖歎がかかる行為に及んだ理由について、先学によって提出された論点を整理しつつ、考察を試みたのが本稿である。

 まず、金聖歎の宋江批判の原因について述べた先行研究を整理・検討すると、金聖歎の宋江批判には(A)盗賊の首領であったことを批判するものと(B)宋江の個人的資質を批判するものが存在することが判るが、①宋江以前に梁山泊の首領であった晁蓋に対しては、宋江と同程度の批判を示しているとは思えないこと。②宋江以外の「賊」に対しては、落草に同情したり、貪官への反抗を賞賛する箇所が指摘されていることから、(B)は(A)よりも重要な位置付けをされていたのではないかと考えられる。

 そこで、宋江個人に対する評価をさらに検討すると、宋江が「朴誠」ではないこと、そして故意に「朴誠」を装い、自ら「忠」・「孝」を言う欺瞞性に対して主に批判が加えられていることが判った。

 では、金聖歎がそれまでの評者とは異なり、宋江の欺瞞性に着目したのは、如何なる視点によるのだろうか。次にこの問題を、金聖歎本以前の版本における宋江評――『忠義水滸全伝』の評語や李贄による評価――との比較を通して検討した。その結果、『全伝』評者や李贄の人物評価が、国家などの大局的な視点から考察を行い、個人の評価へと集約させる傾向が見受けられるのに対して、金聖歎のそれは、あくまで個人の言動・資質そのものに着目する所にその視点の特徴があることが明らかになった。



以上、井上浩一「宋江評価に見る金聖歎評の一特徴 ― 金聖歎評に関する先学の論点整理を手掛かりとして ―  」(『 集刊東洋学 』 第八一号、1999年5月、64-77頁)の要旨。

    貫華庵 “井上浩一の研究履歴”へ


コメント(0) 

『忠義水滸全傳』における「李卓吾先生評」の人物評価について [ 要旨 ] [過去の原稿や要旨]

 宮内庁書陵部蔵本『忠義水滸全傳』不分巻百二十回に付された「李卓吾先生評」は、先行する版本と比較すると、宋江(梁山泊)側の人物をより高く、敵対者をより低く評価する傾向が指摘されており、一見、宋江側か否かという立場に依拠して人物評価が行われているように見える。

 しかし評語の中には、宋江側か否かという立場はもちろんのこと、評価される人物の人格や評価対象となる行為の善悪さえも度外視して付けられたものも少なからず存在している。そこでそれらの評語を検討してみると、悪人でも能力が高ければその点を評価し、善人でも無能であればそれを批判するというように、能力を基準とした評価が行われていることがわかる。では評者は何故、登場人物の立場や善悪との矛盾を生じさせてまで、このような能力主体の評価を下したのであろうか。

  評者は評語の中で、無能な高官を批判し、有能な人材が正当な扱いを受けないことにしばしば憤りを表している。このことから、無能な人物が権力を独占し、有能な者が排除される『水滸伝』中の社会情況(あるいは現実社会もそうであったかもしれない)を評者が嘆き、能力に応じた公正な人材登用を主張していることが窺える。従って、登場人物を評価する際に能力主体の評価を行ったのも、このような嘆きと主張の一環なのではないかと考えられる。

 なお、評者が「李卓吾先生」を名乗ることから、あわせて拙論と李贄の思想との関係についても若干言及した。

 能力を基準にした人材登用を行うべきだとする考え方は、李贄が『焚書』巻三「『忠義水滸伝』序」で述べる、能力が高い者こそ上位に立つべきとする主張と概ね共通する。従って、もし評者が李贄であるならば「『忠義水滸伝』序」で述べたのと同様の考え方から、能力を基準とした人物評価を行ったのであろう。また、もし評者が李贄ではないのならば、評者は李贄の能力を重視する考え方を「『忠義水滸伝』序」などから把握し、それに沿った評価を行うことで、「李贄らしさ」を演出したのだと考えられる。



以上、「『忠義水滸全傳』における「李卓吾先生評」の人物評価について」(『中国古典小説研究』第四号、19-29頁、1998年12月)の要旨。

    貫華庵 “ 井上浩一の研究履歴 ”へ


コメント(0) 
過去の原稿や要旨 ブログトップ